ドコモから格安SIMの楽天モバイルへの乗り換え体験談

ドコモから格安SIMの楽天モバイルへの乗り換え体験談

 

5年以上ドコモの格安スマホを使っていたのですが、友達が最近格安SIMを使い始めてスマホ料金が半分くらいになったと聞いて、私もついにドコモをやめる決心をしました。

 

ただ、最近では格安SIMの会社は何十社もありますし、プランも色々ありすぎて、正直決めるまでに相当悩んでしまいました。

 

そこで、私が格安SIMを選んだときに重視したポイントをご紹介します。

 

 

格安SIMを選んだときのポイント

 

自分の使い方に合った会社/プランを選ぶ

 

キャリアのスマホを使っている人の多くは、「かけ放題オプション」をつけて「データ通信量は5ギガくらい」のプランを選んでいる場合が多いのではないかと思います。

 

選択肢が「データ通信量」くらいしかなかったので、自分がどんな用途でスマホを使うことが多いのかということをほとんど意識していませんでした。

 

ですが格安SIMを調べていると、「データ通信量」以外にも、「通話をする人向け(または、逆に通話はほとんどしない人向け)」とか「SNSをたくさん使う人向け」などというように、会社やプランによって特徴があることが分かりました。

 

自分はどういう機能を多く利用しているのかということを考えて、それに合った会社/プランを選ぶことが一番大事ではないかと感じます。

 

ちなみに、私は「090の番号はそのまま使いたい」「短時間の通話が多い」ということから、楽天モバイルの「5分かけ放題」がついた通話SIMにしました。

 

楽天モバイルなら「20GB・30GB」の大容量プランもあるので、動画を見たりゲームをする時間が長くて通信量が多い人の選択肢にもなるのではないでしょうか。

申込みが簡単かどうか

 

格安SIMの場合、キャリアと違って実際の店舗がないところがほとんどです。

 

家電量販店で契約できるところもありますが、人気の格安SIMは契約するのに何十分も待たされることも。

 

ちなみに楽天モバイルは実際の店舗がいくつかあるのですが、一度行ったときにものすごく混雑していたのですぐに帰ってきてしまいました。

 

結局私はその後ネットでの申込みで済ませたのですが、プランの選び方や申し込み画面が分かりやすいところを選ぶのがいいと思いました。

 

その点楽天モバイルは申込みが簡単でよかったと感じています。

 

 

 

格安SIMに変えてよかった点・いまいちな点

 

ドコモから楽天モバイルに変えて一番よかったことは、もちろん毎月のスマホ料金が各段に安くなったことです。

 

実際半分以下の料金で使うことができています。

 

逆に、いまいちな点としては、日によって通信速度が遅くなるという点です。

 

契約前に楽天モバイルに電話で聞いてみた感じや、前もって口コミなどを調べてみたかんじでは、「そんなに気にならない」という声が多かったのです。

 

しかし、サクサク使える日とイライラするくらいつながりが悪い日の差が大きいかんじがします。

 

ただ、24時間365日遅いというわけではないので、この安さを考えたら十分我慢できる範囲かなという気はします。

 

 

インターネットを検索すると、楽天モバイルの悪い評判も見かけたりもしますが、実際に使ってみるとオススメです。