格安SIMへの乗り換えで契約内容の見直しもしよう

格安SIMへの乗り換えで契約内容の見直しもしよう

実は、格安SIMに乗り換えをすることはただ料金が安くなるというワケではありません。

 

契約内容を見直しすることで、もともとのムダを省くことができます。

 

 

 

大手キャリア独自サービスは使えない

 

格安SIMへ乗り換える際には、大手携帯キャリアの通信網を使っていても、独自サービスについては引き継ぐことができません。

 

携帯キャリア決済と携帯キャリアメールの2種類が利用できなくなることを事前に把握して、代替手段を用意して移行しておくことが大切です。

 

携帯キャリアメールについては、スマートフォンではPC用のフリーメールを利用すれば、PCとスマートフォンのどちらからも確認が出来るようになるので利便性が向上します。

 

携帯キャリア決済は、電子マネー払いやクレジットカードで代用出来る部分は切り替えると良いでしょう。

 

全ての人が使っているとは限らないサービスですから、スマートフォン利用時に必須条件として必要ではない機能だと改めて実感出来るようになります。

 

 

 

契約内容から無駄を徹底的に省こう

 

大手携帯キャリアでは音声通話サービスと通話定額プラン、更に大容量高速データ通信容量契約がセットとなった料金体系が一般的でした。

 

フルパッケージされた料金メニューでは月7000円以上の料金を支払うことになり、家計に対する負担が大きくなっています。

 

格安SIMへ切り替える際には、基本契約は高速データ通信容量を何GB必要か選ぶ所から始まります。

 

最もシンプルな契約は、高速データ通信容量のみの契約をしたSIM単体契約です。

 

大手携帯キャリアでは考えられなかったSMSや音声通話さえも、格安SIMではオプション契約とされる部分になります。

 

フルパッケージ契約に慣れていた人にとって、全てが含まれていることが一般的でしたから、思い切って使うサービスを断捨離してみると、思いの外使っていないサービスを契約していたことに気付くでしょう。

 

格安SIMでは、オプション契約は必須ではなく、契約をしたい内容だけをシンプルに契約可能なメリットがあります。

 

 

 

まとめ

 

格安SIMへ乗り換えること自体が、通信契約のムダをきっかけとなります。

 

契約を見直しして、徹底的にスマホ料金を安くしましょう。