格安SIMに乗り換える時に気を付けるべき3つの重要なポイント

格安SIMに乗り換える時に気を付けるべき3つの重要なポイント

 

格安SIMに乗り換えをする時には、気を付けておくべき点があります。

 

その中でも、特に気を付けるべき3つの点について、紹介します。

 

SIMフリー端末を用意する時に気を付けること

 

格安SIMは、SIMカード単体契約を行なうことで、端末購入と回線契約を完全に分離出来るメリットがあります。

 

既に手持ちのスマートフォンを持っている場合には、そのままSIMカードを契約して挿し替えてAPN設定をすればすぐに使えるようになるわけです。

 

しかし、大手携帯電話会社から購入したスマートフォンをSIMロック解除せずに使える状態であれば、契約した格安SIMで通信することが出来ます。

 

SIMフリー端末として最初から製造販売されている機種を用意する際には、使用している携帯電話周波数バンドが利用する格安SIMで対応しているかどうか確認しておかなければなりません。

 

SIMフリー端末の詳細カタログには、Band◯◯といった形で詳細な周波数バンドの記載があり、携帯電話会社によって割り当てられている周波数が異なります。

 

異なる周波数の場合は通信が利用できないので、メインで使っている周波数に対応しているか確認しましょう。

 

回線の違うキャリアのスマホを使う時に気を付けること

 

格安SIMの多くはドコモ回線を使っているので、ドコモのスマホであればSIMロック解除無しでそのまま利用できます。

 

しかし、ドコモ回線の格安SIMでauやソフトバンクのスマホを利用する場合は、SIMフリー端末と同じく周波数バンドを気にする必要があります。

 

 

データSIMプランにSMS機能は必須

 

格安SIMを契約する際に悩むこととして、音声通話機能を付けるかどうかがあります。

 

050番号を後から通話アプリで取得出来るようになったことから、データ通信専用SIM契約でも通話が出来るようになったからです。

 

しかし、データ通信専用契約とする際には、SMS機能を付け忘れないようにしておきましょう。

 

なぜなら、SMS機能を付けることでスマートフォンが最寄りの携帯電話基地局に位置登録をするようになるので、無駄な電池消費を減らすことが出来ます。

 

SMS無しの状態では、複数の携帯電話基地局と通信をしようと試みてしまうことがあるためです。

 

とりわけ、通話アプリや無料SNSアプリを使用する際に、SMS機能が付いていないとリアルタイム着信に障害が出てしまうことがあります。

 

僅かな金額でSMS機能は付けられますから、音声通話機能を付けない場合には契約のし忘れに注意しましょう。

 

 

 

まとめ

 

格安SIMに乗り換えれば、月額料金は安くなります。

 

しかし、乗り換え前にきちんと下調べをして、問題ないことを確認してから乗り換えしましょう。